本文へスキップ

川田法律特許事務所は、特許権侵害訴訟、審決取消訴訟、職務発明訴訟など、
知的財産関係事件を専門とする事務所です。

                                   English

TEL. 03-5501-2233

〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館(4階)
Shisei-Kaikan 4th fl., Hibiya-Koen 1-3, Chiyoda-ku
100-0012 TOKYO, JAPAN

弁護士・弁理士 川田 篤Atsushi KAWADA Attorney at Law & Patent Attorney


弁護士・弁理士 川田 篤 は、知的財産権業務を専門的に取り扱います。
弁護士登録以来、幅広く知財事件を経験。近年は特許関係事件に多く従事しています。
侵害訴訟、審決取消訴訟、無効審判請求、職務発明訴訟などの代理人として活動するほか、日々の相談等々、対応します。
Atsushi KAWADA, attorney at law, specialised with the intellectual property cases. He has many experiences in various intellectual property cases, especially in patent cases.
Kawada is willingly to represent infringement proceedings or nullity proceedings incooperation with patent attorneys, support patent attorneys in various opportunities,or compose expert opinions etc.

経歴 Career

昭和38年3月20日生(出生地:大阪府大阪市、本籍地:愛媛県伊予市)

昭和56年 麻布高校卒業

昭和62年 東京大学法学部卒業

昭和62年~平成元年 国家公務員(法務省・労働省)

平成3年 司法試験

平成4年~6年 司法修習生(46期)

平成6年~14年 ドクトル・ゾンデルホフ法律事務所
       (現ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所)

平成8年~12年 ドイツ連邦共和国ケルン大学法学部留学

平成14年~21年 竹田稔法律事務所(現竹田・服部法律事務所)

平成21年~24年 新橋綜合法律事務所

平成24年12月~ 現事務所

公的活動など Activities


○ 現在の公的活動

平成26年より、日本知的財産協会 研修講師(D6: 特許権侵害訴訟概論、E1: 特・実判決例の研究)

平成25年より、厚生労働省 労働基準局 労災法務専門員

平成25年より、日本弁理士会 中央知的財産研究所 研究員

平成24年より、日本弁護士連合会 知的財産センター委員

平成23年より、厚生労働省 東京労働局 労災法務専門員

○ 過去の公的活動

平成28年~29年 東京弁護士会 知的財産権法部 部長(第17代)

平成27年~29年 特許庁 審判実務者研究会(特許・電気)検討メンバー

論文など Articles

「『植物の品種』又は『本質的に生物学的な植物の育成の方法』―種苗法による保護と特許法による保護との交錯―」別冊パテント22号『イノベーション推進に向けた特許の保護対象』(日本弁理士会、令和元年)(紹介:日本弁理士会のHPにリンク)所収

最判昭和63年7月19日(昭和61年(オ)第30号・第31号)民集42巻6号489頁〔アースベルト事件〕の解説(小泉直樹=田村善之編『特許判例百選[第5版]』(有斐閣、令和元年)所収)(紹介: 有斐閣のHPにリンク)

「技術の公開と秘匿と―証拠の確保における留意点」(『小松先生古希記念 特許権侵害紛争の実務─裁判例を踏まえた解決手段とその展望』(青林書院、平成30年)(紹介:青林書院のHPにリンク)所収)

「特許要件の証明責任の分配―特許の有効性は推定されているか―」別冊パテント19号『知的財産権訴訟における証拠』(日本弁理士会、平成30年)(紹介:日本弁理士会のHPにリンク)所収


特許法72条及び旧74条・旧75条の注解(中山信弘=小泉直樹編『新・注解 特許法 [第2版]』(青林書院、平成29年)(紹介: 青林書院のHPにリンク)所収

「請求人適格」に関する質問と回答(小野昌延ほか2名編『最新青林法律相談17 商標の法律相談Ⅱ』(青林書院、平成29年)(紹介:青林書院のHPにリンク)所収

「発明における非技術的要素の位置付け ― ドイツ連邦通常裁判所2015年8月25日判決〔ロック解除画像事件〕」IPジャーナル1号(平成29年)(紹介:一般財団法人知的財産研究教育財団のHPにリンク)所収

「ドイツの間接侵害の要件 ― ドイツ連邦通常裁判所2015年2月3日判決〔音声信号符号化事件〕 ―」知財研フォーラム108号(平成29年)(紹介:知的財産研究所のHPにリンク)所収


名刺の標語について


 


 名刺の標語の意味について、よく尋ねられますことから、この場をお借りして、御説明させていただきます。



顧問 弁理士 飯森やよいYayoi Iimori Patent Attorney


経歴 Career


昭和52年 都立小山台高校卒業

昭和56年 東京大学薬学部卒業

昭和56年~62年、平成2年~3年 帝国臓器製薬株式会社(現あすか製薬株式会社)

平成4年~平成31年 日本水産株式会社

平成16年 弁理士登録

平成19年 特定侵害訴訟代理業務付記登録


川田法律特許事務所

〒100-0012
東京都千代田区日比谷公園1-3
市政会館(4階)

TEL 03-5501-2233
FAX 03-5501-2266